もっと見る see more 閉じる close all

【2019/1月~】お知らせ
ここ最近は更新が月1~2回になっていますが、
マイペースでやっていきます。


メリル映画 放映情報(BS/CS)
スターチャンネル (4/13 4/15)レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語
スターチャンネル (4/20 4/29)クレイマー、クレイマー
スターチャンネル (4/27)恋におちて
女性チャンネルLaLa(4/30)マダム・フローレンス!

続けることの大変さと着地点の難しさ

2018/12/18 comment: 0

ブログについて



ある感動スピーチをご紹介しようと思っていたんですけど、ちょっとメリル以外のことに熱中していて更新が止まってしまいました。

このブログでご紹介した感動スピーチは
 ジェームズ・ウッズ AFIメリル
 アル・パチーノ AFIダイアン

これと並んで3大感動スピーチかな?と思っています。感動して泣くということではなく、熱い想いが伝わってくるのが感じ取れるスピーチなので好きなんです。(次回かけるかな?ww)

笑える話は少々話の理解が間違っていても笑ってごまかせるという気楽さがあります。リアル世界でも、友人たちが大笑いしている話に途中参加しても、話の筋書きがわからなくても、たとえ聞き違っていたりしても、一緒に笑ってしまうことはあります。そしてみんなそれを責めることはありません。

ただまじめな話の場合は、話をちゃんとつかまないと話しているご本人に失礼になります。軽く話を聞いて他の人(ブログを読む人)にこんな話だと紹介すると伝えたい内容が弱くなる気がするのです。なので英語の書き起こし、和訳ともに、気合が必要(笑)100%正解は不可能でも、なるだけ間違いを少なくしたい。という思いで、向き合い方が違うんです。

そうやって頑張っても、私が書いていることには間違いや見当違いは大いにあります。 すみません。

記事を書く際、大いに参考にしているメディア記事ですが、気をつけていることは、個人のブログや個人の意見が書いてあるものは省いてメディア記載のインタビュー記事であること。発言内容に” ”があり発言者が明記されているもの。

メディアはミスリードをわざと狙って意図的にことばをカットしたり勝手に利用し歪曲しますので、なるべく複数の記事を見比べる等しています。情報は参考にするにしても、そのまま利用するにしても、正しさがあってこそ。メリルや他の人の話に対して、誠実な向き合い方をしてこそ、正しく追えて、和訳や解釈に間違いがあっても根本は間違っていない。間違えたのは英語力の問題だけと思えるからです。また私独自の解釈と考察が入っていますので、英語の原文とはだいぶ違います。

私の中では、ブログのためにメリルの未見映画を新たに見たり関連情報を集めるというのは、「ブログが目的になっている」と思ってしまうので、強く見たいと思ってから映画を見る。心に感動が続いていれば制作裏話などを探しもとめる。というスタンスでありたいと思っています。
記事を正確に書くために、セリフや映画の構造、筋書きを確認がてら映画を観ることはいいんですけどね

DVDラベルくらいならすぐに作成してUPできるんですけど、主要な映画はもう作成済みだし(笑)「フランス軍中尉の女」とか納得できていないラベルもあるんですけど。どこがって言うのは難しいけれど、違和感がある。「ソフィーの選択」もイマイチかなぁ。「アダプテーション」作ってない…(笑)(哀しい映画だから作り直しには気合が必要)


メリルの人間探求の目(演技)を通して、メリルという人物を探究しているようなブログですが、来年また心あらたにぼちぼち更新していけたらと思っています。


ゆるり

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:ゆるり
見る映画は映画全般ではなく、ほとんどメリル・ストリープ映画だけ。未見作品もまだまだありますが、映画の制作裏話やメリルのスピーチやトーク番組を紹介しています。

(注)最新情報をお届けすることはなく、ひたすら過去のことを書いています。英文や和訳は間違いだらけですので参考程度にお願いします。
(2015.9.14 ~)

最新記事

DVDラベル(心みだれて) 2019/04/11
DVDラベル(愛と精霊の家) 2019/03/13
トーク番組(オリヴィア・コールマン)祝!アカデミー主演女優賞 2019/02/28
ジェーン・フォンダのAFI受賞スピーチ 2019/01/26
続けることの大変さと着地点の難しさ 2018/12/18

カテゴリ (五十音)

*印は未見作品