もっと見る see more 閉じる close all

【2018/6月~】お知らせ

ここ最近は更新が月1~2回になっていますが、
マイペースでやっていきます~



(トーク番組)ノミネート作品20を言えるか

2018/10/10 comment: 0

└ トーク番組など


※間違いあり英文と和訳
トーク番組のご紹介。ここではメリル・ストリープのアカデミー賞ノミネート作品20個をメリルがちゃんと言えるかどうか?というゲームをしています(^^)

動画に関連して、メリルがアカデミー賞(賞レース)についてどう考えているか?も合わせてご紹介。


メリル・ストリープは下記にご紹介の動画時点でアカデミー賞に20回ノミネートされています(うち3回で受賞)。

ジミー・キンメルのトーク番組で、60秒で全部言えるか?というゲームをしていますが、当然メリルは全部のタイトルを答えきれていません(笑)案外ファンの方が全部を言えるのかもしれませんね。でも60秒で20個全て言うとなると、1作品3秒、、、難しいかな(笑)

(Jimmy Kimmel Liveより)
英文は折りたたみました
英文を表示


↓意訳・誤訳あり↓いい加減な訳ですけど
――アカデミー賞はもうすぐですが、たしかあなたは、、、20回アカデミー賞にノミネートされていますよね。そこでちょっとした60秒ゲームをしてみませんか。それは、あなたがノミネートされた作品をいくつ言えるかどうか?です。もし全部お答えできたら、私から特別にもう1つオスカー像を進呈しましょう。ひとつ目は、、、さぁ60秒の時計スタートです!
メリル:え?!
――作品タイトルを答えて
メリル:『フランス軍中尉の女』、、、(そうです!)『クレイマー、クレイマー』(正解!)、『シルクウッド』(正解!)、『ソフィーの選択』(正解!)。え~~っと、、、私は先週のことは覚えていないの。昔のことは覚えていないのよ。
――そんな映画タイトルはどっちも入っていないよ
メリル:あ!『愛と哀しみの果て』じゃない?(正解!)それと、、、『クライ・イン・ザ・ダーク』じゃない?(違うよ)え!!!何で!!違うの?!
――リストに最初の作品が抜けているね。ノミネートされた最初の作品を覚えている?
メリル:いいえ(覚えていないの??)そうなの
――(リストを書いてくれた)彼らはあなたが最初のノミネート作品をいつも忘れてるって知っているんだね。
メリル:最初のノミネート作品でしょ?それが『フランス軍中尉の女』だと思うんだけど。
――違います。それは3回目の作品。最初の作品は『ディア・ハンター』です。(タイムアウト)あぁ残念です(あー『ディア・ハンター』ね)。残念ですけどこのオスカー像は僕が持っておきますね。だけどあなたは十分もらっていますから。あなたがこのゲームに勝てなくて残念です。
メリル:(ポケットマイクが痛くて取り出す)ごめんなさい、マイクが痛くて取り出したの
――全然大丈夫だよ。もっと練習して、ちゃんとしたオスカーをまた貰ってください。そのためにももっと練習して(笑)受賞できることを祈ってるよ。お会いできて光栄です。この番組に来てくれてどうもありがとう。



アカデミー賞(賞レース)について


Oscar Statuette
メリル・ストリープはアカデミー賞(賞レース)については、ノミネート自体はとても嬉しいそうです。それはアカデミー会員全員に投票権があり(役者や脚本家の卵の人など誰でも会員になれる)、演技とは?映画制作とは何か?を知っている人たちが自分を選んでくれるのは素直に嬉しいそうです。


ただ受賞となると、そこには制作会社の思惑がありキャンペーン活動があり、受賞作品を選ぶ人は限られたメンバー。なので同様の気持ちは持てないと語っていました。(Interview Magazineより)

メリルもですがダスティン・ホフマンも賞レースには否定的で、結構否定派の人は多いですよね。演者だけに限定しても主演と助演、端役の人も含めて作品を作っているのに、主演や助演の人だけがクローズアップされる。「絵画を見て、”ここの青はあちらの青より鮮明だ”と言うことに何の意味があるのか?」(Byメリル)(Time comより)

ただ、受賞自体を拒む人はそんなに多くはないです。

それは、私見ですけど、主演賞など個人の賞であってもその作品(受賞/ノミネート作)に出演した端役の方や裏方さんにとっては栄誉なことなんですよね。「あの作品に出ていたんだよ」とかアピールにもなるし。

ダスティンが『クレイマー、クレイマー』で主演賞を受賞した時に、「アカデミー賞を批判してきた自分がこうやって受賞するとは、、、」と壇上で本当に複雑そうに受賞スピーチをしていたのが印象的でした。個人の受賞とは言え、みんなで作った作品。自分ひとりだけの問題ではないということでしょうね。





関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:ゆるり
見る映画は映画全般ではなく、ほとんどメリル・ストリープ映画だけ。未見作品もまだまだありますが、映画の制作裏話やメリルのスピーチやトーク番組を紹介しています。

(注)最新情報をお届けすることはなく、ひたすら過去のことを書いています。英文や和訳は間違いだらけですので参考程度にお願いします。
(2015.9.14 ~)

最新記事

続けることの大変さと着地点の難しさ 2018/12/18
トーク番組でのメリル紹介 2018/11/05
(トーク番組)ノミネート作品20を言えるか 2018/10/10
『フランス軍中尉の女』原作のラスト 2018/09/28
ブログ3周年/サッチャー(メリル)の表情 2018/09/14

カテゴリ (五十音)

*印は未見作品