もっと見る see more 閉じる close all

【2019/1月~】お知らせ
ここ最近は更新が月1~2回になっていますが、
マイペースでやっていきます。


メリル映画 放映情報(BS/CS)
スターチャンネル (4/13 4/15)レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語
スターチャンネル (4/20 4/29)クレイマー、クレイマー
スターチャンネル (4/27)恋におちて
女性チャンネルLaLa(4/30)マダム・フローレンス!

英国トーク番組(クリントとダスティンについて)

2017/09/30 comment: 0

└ トーク番組など


※間違いあり英文と和訳あり
『マンマ・ミーア!』のプロモーションで出演した英国のトーク番組です。これはパート3まであって、『愛と哀しみ~』でパート2をご紹介しました。今日はパート1の部分のご紹介です(^^)

話していることはこのブログで既にご紹介したものですけど、鬼編集長ミランダの人物像はクリント・イーストウッドを参考にしたという話と『クレイマー、クレイマー』でダスティン・ホフマンから平手打ちされたときの話をしています。


パート1: 今日ご紹介部分
『プラダを着た悪魔』の鬼編集長ミランダの人物像はクリント・イーストウッドを参考にしたという話、後半は『クレイマー、クレイマー』でダスティン・ホフマンから平手打ちされたときの話

パート2:
『心みだれて』の話が少しと、『愛と哀しみの果て』の撮影裏話(ライオン)
ライオンとの撮影裏話(以前ご紹介の記事)


パート3:
『マンマ・ミーア!』のNY舞台をこどもたちと観に行ったときの話



(Hanna Tendenさんより) パート1/3

↓まちがいあり↓
(1:40)
英文を表示▼

(意訳誤訳あり)
――お会いできてうれしいです。本当に素敵ですね!その衣装はどなたのですか?(え~と、、、わからないわ、と言って襟をいじるメリル)あなたはパッと見れないでしょうから私がラベルを見てみましょう。。。Primark(ユニクロのような低価格ブランド)、いろんなのがあるんだね。冗談だよ。Max Maraだね。(あーそうだったMax Maraだわ)
あなたにお会いできて本当に嬉しいです。イギリス滞在はいつまでですか?
メリル:明日までよ
――明日、、、それはみんなさみしがるね。そう言えばお祝いを言わないといけませんね。たしか誕生日だったんですよね
メリル:あーーそうだったわ!
――その年になるとなかなか自分の年を覚えていないかもしれないけど(先週のことなのに遠い日のようよ 笑)先週おいくつになられたんですか?
メリル:58、、、あ、59よ!
――おめでとうございます!来年はちょっとした区切りの年になりまね。何かお祝いのプランなどはありますか?
メリル:ないわね。今年と同じようにみんなのために、自分のバースデーパーティのお料理をしているでしょうね。みんな忘れているから。
――なんで忘れちゃうのかな
メリル:冗談よ。みんな優しいわよ。
――人にギフトを買うのは難しいですよね
メリル:私は忍耐強いのよ。私はあんまり気にしないの、それは、、、
――僕と同じように、モノじゃないんだね(←ここはよくわからない)
メリル:誰かにプレゼントを買おうとしている時はバカ女よ。だって(そのプレゼントは)喜ばれないのよ。
――どんなものをプレゼントされると嬉しいですか。
メリル:私はスカーフが好きね。それとイヤリング。(さっきの映像で)気づいたんだけど『プラダを着た悪魔』でもイヤリングをつけていたわね。あれと同じイヤリングよ。

(3:26)
ミランダ編集長はクリント・イーストウッド

英文を表示▼

(意訳誤訳あり)
――ほんとにあの映画は素晴らしくて、僕はあなたのパフォーマンスが大好きです。ちょっと、、、厳格さと言う意味ではマーガレット・サッチャーを彷彿としますね。彼女はグレーの髪で、冷たい目つきをしていて。実際に誰かを参考にしましたか?
メリル:いいえ。(誰か特定の人だけではなく)わたしは多くの男性を参考にしました。私が知っている人でね。一般的に権威ある地位に就いている強い人はあんまり声を荒げたりしないの。
――(ささやき声で)Yes, Yes,,,, Yes.
Meryl :誰もあなたのことを怖がっていないわ、みんなに愛されているわよ。もしみんなから怖がられたいなら、、、クリント・イーストウッドは素晴らしい監督で一緒に仕事をしたことがあるんだけど、彼からたくさんのことを仕入れたの(笑)
――クリントを参考にしたんですか?
メリル :あと、マイク・ニコルズ監督もね。
――あなたは『マディソン郡の橋』で彼の相手役として仕事をし、彼はあなたの監督でもありました。彼は驚くような素晴らしい仕事を続けていて、監督の才能も合わせ持った稀有な存在ですね。
メリル:ほんとに彼は三拍子そろっていて素晴らしいわね。
――たしか彼は(監督であっても)人をおびえさせるようなことはしないんですよね(全くないわね)。たぶんこのことはあなたもずっと望んでいることだと思いますけど、それでも若い俳優たちはあなたと共演することになると彼らはおびえていませんか。あなたは広範囲に賞賛されているわけで、、、
メリル:撮影に入ってさらに私はセリフを忘れるの。よくあるのよ。すると彼らは(こう思うの)「あぁ、彼女って大したことないのね」(笑)
――(ここもよくわからない→)わざとセリフを忘れた方が、、、(え~)

(5:13)
『クレイマー、クレイマー』撮影初日にダスティンから平手打ち

(cineplex.comより)
Meryl Streep

英文を表示▼

(意訳誤訳あり)
共演して感慨深かった俳優さんはどなたでしょうか?僕は最近すごい映画『クレイマー、クレイマー』を見たんですけど、ダスティン・ホフマンはいかがでしたか?この映画での撮影はどうでしたか?
メリル:良かったわよ。でもねちょっと困ったことがあったの。それは最初のシーンで私が家を出て行くところで、そのシーンの撮影で私は確かに興奮していたわ。私が荷物をまとめて廊下を突き進んで、彼は私を見て、そして平手打ちしたの。力いっぱい。(まさか!ダスティンどうしちゃったの)そうよね。この(映像)シーンで見られるわ。大きな手の跡が。私はショックで、でも彼に対して正しい感情が沸き起こったわね(笑)
――彼はわざとそうしたんだね。たぶん彼は平手打ちを、、、
メリル:そう彼は何度も何度も。
笑いが起きてる箇所ですけど、以下↓聞き取り不十分( ̄^ ̄) ギブアップ
――いま僕がそれをやるとしたら、、、

(6:13)
英文を表示▼

――洗礼(平手打ち)を受けてないですけど、僕らも同じことになりますよ。これは確かにあなたとダスティンの素晴らしいひとコマで、見事な演技です。これを見て見ましょう。大変な状況の『クレイマー、クレイマー』のシーンです。
――劇中シーン
メリル:彼はこれまでにあったことを否定してるわね。
――彼にそうしてくれるよう頼んだのですか?だって彼が引っ叩いたことであなたのあのような演技ができたんですよね。
メリル:お願いしたって?まさか、私は(自分の気持ちに従って)自分でやれたと感じたわ(笑)
――そのことはもう許したのですか?
メリル:
そうね。あんなことがなければ、(自分の中で)何が起こるのかわからないのよ。奥深い人と出会って仕事していると自分ではできないことから解き放たれるの。すべてが許され寛容になれるわ。私は本当にダスティンが大好きで、彼は名優だと思っているわ。でもね、あのときの私は怒り狂ってたわ(笑)



最後のブロックは特に聞き取りも和訳も怪しいので、メリルが何を言いたいのか参考になる記事を↓

※認知症のマーガレット・サッチャーを演じるにあたりいろんな批判もありましたし、メリル自身、サッチャー首相の政策には批判的な考えを持っていました。それらに対して、、、

Meryl StreepWhat interests me is forgiveness. How you forgive yourself and other people. How you reconcile yourself to choices that you've taken and the effects they've had on a life. Forgiveness. It's the greatest thing human beings ever invented.
(independent.co.uk)
(意訳誤訳あり)
私が興味があるのは「寛容さ」です。どうやて自分自身と他の人を許すのか。自分の選んだ選択と、これまでに人生で影響を受けたことを、どうやて折り合いをつけるのか。「寛大なこころ」、これは人類が生み出した最も素晴らしいものです。


「寛容」については
ダイアン・キートン(AFIメリル)2004
で少し書いています。

メリル・ストリープの人間探求は深いなぁ…
掘っても掘っても、まだ深い(笑)

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:ゆるり
見る映画は映画全般ではなく、ほとんどメリル・ストリープ映画だけ。未見作品もまだまだありますが、映画の制作裏話やメリルのスピーチやトーク番組を紹介しています。

(注)最新情報をお届けすることはなく、ひたすら過去のことを書いています。英文や和訳は間違いだらけですので参考程度にお願いします。
(2015.9.14 ~)

最新記事

DVDラベル(心みだれて) 2019/04/11
DVDラベル(愛と精霊の家) 2019/03/13
トーク番組(オリヴィア・コールマン)祝!アカデミー主演女優賞 2019/02/28
ジェーン・フォンダのAFI受賞スピーチ 2019/01/26
続けることの大変さと着地点の難しさ 2018/12/18

カテゴリ (五十音)

*印は未見作品