もっと見る see more 閉じる close all

【2019/1月~】お知らせ
ここ最近は更新が月1~2回になっていますが、
マイペースでやっていきます。


メリル映画 放映情報(BS/CS)
スターチャンネル (4/13 4/15)レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語
スターチャンネル (4/20 4/29)クレイマー、クレイマー
スターチャンネル (4/27)恋におちて
女性チャンネルLaLa(4/30)マダム・フローレンス!

ダイアン・キートン(AFIメリル)2004年

2017/06/16 comment: 0

マイ・ルーム

AFI ダイアン・キートン
メリル・ストリープ(2004)AFIの生涯功労賞受賞
『マイ・ルーム』で共演したダイアン・キートンのトリビュート・スピーチです。ダイアン・キートンのさばさばした感じの明るさ、いいですよね(^^)

スピーチではダイアン・キートンの褒め言葉にメリルが困惑しています(笑)「そんなことないわよ」と否定すると相手の言っていることを否定してしまいますので、それなりにありがとうと受け入れることも大切なんでしょうね。


AFIの中でご紹介できていなかったダイアン・キートンのスピーチです。
これはですね(笑)短いスピーチですが和訳(解釈)がおっそろしく難しいんです。

俳優さんたちのスピーチにはよく「Art」という言葉が出てきます。それぞれ和訳の際に苦戦している箇所です。訳せば「芸術」ですけど。

「Art」とは、「芸術」とは何か?をすぐに言える方ってそんなに多くはないのではないでしょうか。芸術の中の演劇とは?俳優さんたちが捉えている芸術と演劇には共通した考えがあると思うのです。そういったことがね、、、イマイチわからないので、モヤモヤするんですよね。今回もそれ以外のところが難しいので(笑)Artの定義の理解は後回し。


(AFI公式)


↓間違いあり↓
Diane Keaton
Oh, there she is. OK. (laughter) To be in Meryl's presence is to be on the receiving end of how far she goes in her exploration of the human experience. By putting life before art, Meryl Streep has made the choice of a trailblazing pioneer and in the process became my generations... genius. (applause) It' true! isn't it. I mean let's face it, OK? It's just mind-blowing to look at all these clips and just see the... I don't know, anyway it's... (laughter) it's a little bit too much for me frankly, I mean it's overwhelming. (laughter) Thank you for giving me the opportunity to recognize the inevitable that giving love is the true measure of a great artist. Thanks.

be on the receiving end of:(被害・非難・攻撃などを)受ける側になる



↓意訳・誤訳あり↓
彼女はそこにいるのね、OK(はじめるわよ)。
メリルといると彼女がどれほど広く、人間が身をもって経験することを掘り下げ探究しているかを突き付けられます。芸術に身を置きメリル・ストリープは道を切り開く開拓者としての選択をしつづけ、そのプロセスにおいて私の世代の、、、天才となったのです。本当よ!そんな顔しないで。これら彼女の1つ1つ全てを見るのは目がくらむように素晴らしくて、、、えっと(ジェスチャー)とにかく(笑)ほんと正直に言ってちょっと凄すぎて圧倒されちゃったのよ(笑)
わたしはこのことを悟らざるを得ない機会を与えていただいて本当に感謝しています。どれだけ愛(寛大な心)を持っているかが一流の芸術家の真の基準なのです。




関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:ゆるり
見る映画は映画全般ではなく、ほとんどメリル・ストリープ映画だけ。未見作品もまだまだありますが、映画の制作裏話やメリルのスピーチやトーク番組を紹介しています。

(注)最新情報をお届けすることはなく、ひたすら過去のことを書いています。英文や和訳は間違いだらけですので参考程度にお願いします。
(2015.9.14 ~)

最新記事

DVDラベル(心みだれて) 2019/04/11
DVDラベル(愛と精霊の家) 2019/03/13
トーク番組(オリヴィア・コールマン)祝!アカデミー主演女優賞 2019/02/28
ジェーン・フォンダのAFI受賞スピーチ 2019/01/26
続けることの大変さと着地点の難しさ 2018/12/18

カテゴリ (五十音)

*印は未見作品