もっと見る see more 閉じる close all

【2019/1月~】お知らせ
ここ最近は更新が月1~2回になっていますが、
マイペースでやっていきます。


メリル映画 放映情報(BS/CS)
スターチャンネル (4/13 4/15)レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語
スターチャンネル (4/20 4/29)クレイマー、クレイマー
スターチャンネル (4/27)恋におちて
女性チャンネルLaLa(4/30)マダム・フローレンス!

メリル&トミー(トーク番組)31年目の夫婦げんか

2017/05/22 comment: 2

31年目の夫婦げんか

トミー・リー・ジョーンズ
間違いあり英文と和訳
2012年、『31年目の夫婦げんか』のプロモーションで出演したトーク番組のご紹介です。トミー・リー・ジョーンズはメリルのトークにはニッコリ笑ってくれていますが、女子トークには、、、どう思ってるんでしょうね(笑)



私はこの映画を見て「メリルにしては珍しい役柄だなぁ」というのが第一印象でした。だいたい気持ち的に”追いかけられる”立場や、”支えられている”ことが多くて、劇中の夫アーノルド(トミー)が大好きで何とかしたいという妻ケイ(メリル)はどちらかというと”追いかける”側なんですよね。自ら決め進んでいくというのはだいたい共通していますが。

ちなみに夫アーノルドの役は元はジェフ・ブリッジズでしたが、彼が降板したあと、何人かいる候補の中から愛する夫としてメリルがご指名したのがトミー・リー・ジョーンズでした(^^)

(The Meryl Streep Forumさんより)





↓意訳・誤訳あり↓
――おふたりにお越しいただいて本当に光栄です。とっても嬉しいですし、、、あら?(メリルの手を見て)トミー、あなた彼女に何したの?!
トミー: あーこれはね(ふたりでジェスチャー)
――まだ役柄が抜けていないのね。(――映画よりもすごいのね)それで本当にどうしたの?大丈夫?
メリル: いえ、これはお料理のときに手を切ったの(ジュリア・チャイルドの声で)クッキング・アクシデントよ!(笑)
――ジュリア・チャイルドね!毎日大変なのね。
メリル: ちょっと調子に乗っちゃって。アボガドの切り方がね。わかっていなかったのよ。
――ナイフを刺したんですか?
メリル: (ジェスチャー)こうやって切らなくちゃいけないのに、こうやって、、、
※(アボガドの種が固いからかな?)料理中にナイフで小指を切ってしまい、急きょ病院で縫合処置をしてもらったそうです。何針か縫ったんだったかなぁ(忘れたw)。

――こうやってご一緒させていただいていますが、あなた(トミー)は初めて番組に来ていただいたのよね。メリルは以前にも来てくれたことがあるんだけど。ここへいらっしゃってどんな感じですか?私たちみんなのホルモンが色めき立っているのよ。
トミー: それに気づいてなかったけど、ぞくぞくするね。
――またあとでゆっくりね。(笑)
私たちはみんなこの映画を見たんですけど、とても楽しかったです。これはコメディに分類されていますが、でも正確にはどうなんでしょうね。お二人の演技は深く心に響きました。お二人は結婚して31年の夫婦を演じています。今の時代映画のほとんどはアクション映画とか、、、若い男性向けに作られていて、広い層に受け入れてもらえるか心配になりませんでしたか?
メリル: そんなことないわよね(ないね)。

(2:03)
――(聞き取り不十分→)大人が見るための映画を多く撮っているわね。
メリル: そうね、、、この映画はどんな世代でもOKだと思うわ。だって、、、学生時代を思い出すと、誰かに退屈しているときは自分自身が退屈なのよ、ある意味。わたしもたまに退屈だって言うわよ。私は年配の人のためにと思って映画を作っているわけではなくて、この映画をおもしろいと思ってくれるたくさんの人を思ったの。
――たくさんの人が、、、性的なことに関する問題を抱えていて、でもみんな若い頃や結婚しようとするときに、そういう話をしなくて、、、
――メリル、私はこの映画は年代を超えたものだと思います。映画ではいろんなリレーションシップがありますが、お二人が最初に台本を読んで、台本にはたくさん露骨なセクシュアル・トークがありますが、お二人は(性的な行動もよ!)行動としてもあるのですが、台本を読んでどう思いましたか?
トミー: おもしろいと思い込んでたんだけど。
I thought it was funny.

――釘付けになったシーンは映画館でお二人が、、、その、、、メリル、あなたの役柄が(メリル:ちゃんと話さないと。逃げないで)そうしたいんだけど。トミーは予想していましたか?元々メリルと仕事がしたくてこの映画を引き受けたそうですが。
メリル: 聞き取り不十分!聞こえた音と、話の流れと、メリルがトミーをご指名したことを考えて、無理やり単語を当てていますw
私がずっと(トミーを狙って)撃ち損じてたからなの
――当たったのね!
トミー: 長かったね(ついに)(やっとね)
――映画出演の決め手は一体なにですか?
――出演報酬かしら
ウーピー:わたしたちみんな赤字なんか出さないわよ
メリル: この映画には2つ大事なことがあって、それはユーモアをもたらし、相手に耳を傾け注意を払うことなの。映画を見て本当に心に響いてくることでそれがわかるの。映画はたくさんあるけど、このことに気づくのはあまりないことよ。

(3:58)
――ホットな(セクシュアルな)話についてだけど。リレーションシップがなくなると、それは単にセ○クスの話だけじゃなくて、朝に触れあうとか、お互いにユーモアのセンスをもつとか、それらすべての友好的な関係を示すことが失われるわ。それでセ○クスが一切がなくなっていくんだと思うわ。
――(そういう状態になって)あなたは取り戻せるのかしら
メリル: そうね、、、きっと「希望の泉は永遠に Hope Springs eternal」(ことわざ)てことよね。映画タイトル「Hope Springs」になぞらえて。結婚したときに、信じて結婚したわけだから、可能だと思うわ。

――私が思うに、女性はみんなそうだと思うけど、あなたのキャラクターは元のよい関係に戻るということを考える時に良いきっかけになると思うわ。
メリル: (ささやき声で)どんなときもよ。
――どんなときもなの?それはどういうこと?
メリル: だって女性は人間関係について鍛えているのよ。10代の頃からそれははじまって、雑誌を読みながら「彼はこれが好きかな?どうかな?」て(常に自分と照らし合わせて)考えながら見ているわ。そういったことに、より興味をそそられるの。
――男性はどうなののかしら?トミー、ひとりの男性としてお答えいただくのではなく、男性の代表としてお願いします
――マンネリ化した生活をもとに戻すために、何故関わりを持たないんでしょうか。何故最初にそれを考えないのでしょうか。
――男性は修復しようとしますか?それとも面倒になったら他の女性に逃げるのかしら?
トミー: 一般的にどう言ったらいいのかな。メリルの言う通りだよ。男性は関係の維持についてあまり気にしないんだ(――そうなのよ)。何が起きるのか想像したりして、だいたいそうしながら人生が続いていくんだけど、長い人生の中で何か問題が続いて起こらなければ、時々どうするのか求められるけど、(求められない)他のときには何もしいんだ。
(5:34)
――トミー、とても興味深い話ですね。劇中の彼はたくさんの障害を抱え困難なことがあって、それはあなたが求める劇中の奥さんとのコミュニケーションなんですよね。男性とのリレーションシップにはいろんなことがあって、それはあなたが妻に言いたかったけどできなかったことです。私はこの映画であなたが演じた役が大好きです。
トミー: どうもありがとう。この役は、、、彼はマンネリ化した生活を送っていて、彼の妻にすっかり依存していて、彼は妻のことに何ひとつ気づかないんだ。
――お二人のうちおひとりはとっても長い間結婚していて、33年続いているのよ。彼女はキャリアを重ね、4人のお子様がいて、3人のお嬢さんは女優さんで、3人とも素晴らしい女優さんなの。あなた(トミー)は結婚して11年ですよね。(長く続く)秘訣は何かしら。
メリル: 秘訣ねぇ、、、
――私たちも、お二人も、もしそれがわかったら、、、
――幸せな結婚生活かどうかわからないわよ(笑)
――こうやってお二人が来てくれてるんだから聞いてもOKだと思うじゃない。明日はないのよ。OK。あなたにとって、キャリアも結婚生活も子育ても、どれも長いのよね。
メリル: そうねぇ、、、(秘訣ねぇ、、、)
ウーピー:質問を変えて、役割を果たさなければならないことを、あなたはどうやって避けるのるかしら?
メリル: (できていないことが多すぎて)「たぶん書き出せないと思うけど」とかかなぁ??ギブアップ!
秘訣はわからないわ。ただ、もし結婚がそれぞれ個人的なものなら、結婚がうまくいくか否かは結婚に何をもとめるかでしょうね。
――そこに何かあるんでしょう?それは何?おしえて。
メリル: (結婚にもとめるものを)すべて与えるのよ。相手がしたいことをしてあげることとか、そうすることで相手が成長し大きくなるの。

トミー: 彼女が全部言ってくれたよ
――ちゃんと聞くことが大事よね
――(聞き取り不十分→)(演技でも)同じように相手のおかげで成長し学び、そして自分になっていくのね。
トミー: 本当に、多少そういうことがあるね。
メリル: 私たちは演技のエキスパートだから。
――時どき演技はリアルな生活にも入り込むんでしょうね。とても楽しいお話をありがとうございました。まだまだお話を伺いますね。ではまた後ほど。(CMブレイク)


Meryl Streep

この番組は他の映画でもメリル出演の動画がUPされていますが、女性が多いので聞き取りが難しい番組です(^^;)それ以上に和訳にも苦戦していて、現実逃避でブログのカスタマイズをやっていたら、そっちも大変なことに(笑)

笑いが起きているオチの部分がことごとく意味不明で、今回はだいぶ現実逃避していました(笑)不完全な英文と和訳ですけど、ちょっとでも何言ってるかわかれば楽しいしヽ(´∀`)ノ この熱意だけでもわかっていただければ(笑)

間違っているところなど教えていただけると有り難いです!!


関連記事

コメント

No title

ゆるりさん、こんばんは♪
ご無沙汰しております(^^ゞ

コメント遅くなっちゃいました(^^;
動画和訳ありがとうございます!
お疲れさまでした。

これは当時、詳しい内容は分からないまでも、楽しく観てました。
何より、女性陣の中に男性はトミー一人(* ̄∇ ̄*) 居心地が良いような悪いような、モジモジしてるトミーが可愛かったです(笑)

Part2も大変とは思いますが、ぜひお願いします(^^)/

Re: No title

Eveさんコメありがとうございます。
トミーさん、手元がなんかモジモジしていて可愛いですよね♪
笑顔になってくれるとホッとします(^^)

何か間違っているところとか、こうじゃない?てことあったら
教えてください~

パート2は、いきなり出だしピー!(和訳に起こせないことば)が出てたような…(^^;)
またいつか気が向いたらやりますね(笑)

非公開コメント

プロフィール

Author:ゆるり
見る映画は映画全般ではなく、ほとんどメリル・ストリープ映画だけ。未見作品もまだまだありますが、映画の制作裏話やメリルのスピーチやトーク番組を紹介しています。

(注)最新情報をお届けすることはなく、ひたすら過去のことを書いています。英文や和訳は間違いだらけですので参考程度にお願いします。
(2015.9.14 ~)

最新記事

DVDラベル(心みだれて) 2019/04/11
DVDラベル(愛と精霊の家) 2019/03/13
トーク番組(オリヴィア・コールマン)祝!アカデミー主演女優賞 2019/02/28
ジェーン・フォンダのAFI受賞スピーチ 2019/01/26
続けることの大変さと着地点の難しさ 2018/12/18

カテゴリ (五十音)

*印は未見作品