もっと見る see more 閉じる close all

【2019/1月~】お知らせ
ここ最近は更新が月1~2回になっていますが、
マイペースでやっていきます。


メリル映画 放映情報(BS/CS)
スターチャンネル (4/13 4/15)レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語
スターチャンネル (4/20 4/29)クレイマー、クレイマー
スターチャンネル (4/27)恋におちて
女性チャンネルLaLa(4/30)マダム・フローレンス!

メリル・ストリープの完全性

2017/04/04 comment: 0

└ メリルについて


※紹介動画なし
続編がないメリルの「完全性」――について書いています。


全部をチェックしているわけではありませんが、これまでにブログでご紹介した動画が消えていてショック!!そんなことがたまにあるんですけど、がんばって英文を書き起こしたのに消えていると結構ショックです。

「次はあの動画を紹介しよう」と探したら、その動画が消えている!!これもたまにあることで、結構ショックです(笑)何の話をしているか気になっていたから(あまりわかっていないから)英文を書き起こして知りたかったのに(^^;)今回こんなことをダラダラ書いているのは、次に書くつもりのお目当ての動画が消えていたからです。動画UP時期は数年前で、数週間前まではあったのにぃ~~~!!

そんな話はどうでもいいんですけど。



メリル作品におけるintegrity(完全性)


続編がないのがメリル作品の特徴です。

他の俳優さんのヒット作は、たとえご自身が出演していなくてもPart2など続編が作られていますが、メリル作品の場合、ひとつひとつ完成されていて続編が作られない・作れない、と言われています。ただ、メリルが演じる役柄が死んでしまう作品も多いので、、、メリル何回死んだのかなぁ(笑)指折り数えてみてください。

続編が制作される=興行的に成功をおさめているものなので、嫌な言い方すれば(笑)メリルは稼げない(ヒットしない)女優として長年君臨していましたから大ヒット作が少ないのも事実です。『ディア・ハンター』『クレイマー、クレイマー』はメリルが主演ではありませんし、『愛と哀しみの果て』は予想外にヒットした作品でメリル・ストリープも監督シドニー・ポラックもとても驚いたそうです。

大ヒット作を狙うような規模(予算)の大きい映画より脚本重視で出演を選択しているということもあるそうです。潤沢な予算があるとシーンの撮り直しが何回でもできるから(笑)少ない予算の映画の方が楽なんだそうです。

(メリルが出演するか否かに関係なく)続編を熱望されている作品もあります。『マディソン郡の橋』『マンマ・ミーア!』『プラダを着た悪魔』あたりでしょうか。
追記:『マンマ・ミーア!』の続編がついに完成。ということで、この記事、、、意味ない??(笑)まぁ、実際にあちらで「メリルの完全性」(続編が作りにくい)は言われていたことなのでこの記事は残しておきます~

マディソン郡とプラダは原作となる小説があり、後に続編小説が出版されています。
ただ、『マディソン郡の橋』は映画で話が完結していますし、続編小説ではキンケイドの話が主体で2人の話はごくわずか。『プラダを着た悪魔』はアンディが活動の場を他に移してミランダ編集長が絡むということで、結局は二番煎じ。映画化は無理でしょうねぇ。どちらも読んでいませんが。
『マディソン郡の橋』の作者ロバート・ジェームズ・ウォラーは2017年3月に他界されました。ご冥福をお祈りします。

メリルは続編については「とにかく脚本」。脚本が良ければ出演するということを言っています。またメリル自身が懇願したのが『ソフィーの選択』で、別の角度からもう1本書いて欲しいと頼んだそうですが、それは叶いませんでした。




現在メリルが撮影中のミュージカル映画『メリー・ポピンズ』(1964)の続編『メリー・ポピンズ・リターンズ』。
『イントゥ・ザ・ウッズ』のロブ・マーシャル監督
『プラダを着た悪魔』のエミリー・ブラント
『マンマ・ミーア!』のジュリー・ウォルターズコリン・ファース
過去の共演メンバーが名を連ねている作品です(^^)2018年公開のようなので、、、日本公開はまさか2019年!?(笑)いつになるかな。


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:ゆるり
見る映画は映画全般ではなく、ほとんどメリル・ストリープ映画だけ。未見作品もまだまだありますが、映画の制作裏話やメリルのスピーチやトーク番組を紹介しています。

(注)最新情報をお届けすることはなく、ひたすら過去のことを書いています。英文や和訳は間違いだらけですので参考程度にお願いします。
(2015.9.14 ~)

最新記事

DVDラベル(心みだれて) 2019/04/11
DVDラベル(愛と精霊の家) 2019/03/13
トーク番組(オリヴィア・コールマン)祝!アカデミー主演女優賞 2019/02/28
ジェーン・フォンダのAFI受賞スピーチ 2019/01/26
続けることの大変さと着地点の難しさ 2018/12/18

カテゴリ (五十音)

*印は未見作品