もっと見る see more 閉じる close all

【2019/1月~】お知らせ
ここ最近は更新が月1~2回になっていますが、
マイペースでやっていきます。


メリル映画 放映情報(BS/CS)
スターチャンネル (4/13 4/15)レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語
スターチャンネル (4/20 4/29)クレイマー、クレイマー
スターチャンネル (4/27)恋におちて
女性チャンネルLaLa(4/30)マダム・フローレンス!

英語と私とブログと私

2017/01/18 comment: 9

ブログについて


まったくメリルと関係ない、私の話です。わたしの英語力はどの程度か?英文の私の解釈や英文の書き起こしについて。
ジェームズ・ウッズのことばから、2017年ゴールデン・グローブのメリルのスピーチの深読みを少し書いています。

私の英語力について


私は英語素人です。といつも書いていますが(笑)どんなレベルかというと、しゃべれないし英作文もできない。ブログで書くときに、カンマのあとは大文字なのか小文字なのか、それさえ調べました。学生時代の専攻は数学で、英語で書かれた専門書もありましたが、ほとんど記号(笑)いわゆる「英語が必要な仕事」はしたことがないです。あったら逃げます。

私が発音するときの「Hello」は「はろぉ~」。正しい発音は「へろー」なのか、辞書を調べ直さないとわかりません。でもいざしゃべろうとする時は頭がパニックになって、やっぱり「はろぉ~」。そんな感じです。

10年以上前ですが海外は行ったことがあります。
その頃は愛煙家だったので、海外で煙草を買うというのが英会話レッスンでした。ニコチン切れになれば(英語をしゃべるのが恥ずかしいなどと言ってられないので)何が何でも買うだろうと考えて日本から煙草は持たずに行って、予想通り(笑)いろんなお店で片言のジャパニーズ英語で頑張り、無事ゲットできました。



ちなみに『フランス軍中尉の女』の原題は「The French Lieutenant's Woman」ですが、未だにどう発音されているのかわかっていません(笑)「French --- Woman」と何となく聞こえたら『フランス軍中尉の女』と脳内変換しているだけです。今の私にとって英語は「メリルが言っていることを知りたい」なので、『フランス軍~』のことだとわかればそれでOKなのです(^^)

わたしの英語力って、その程度です(笑)

ブログ初期の頃は英語の問題を解くような気楽な気分で、和訳の際は文法解釈に注意を注いでいた気がします。トーク(動画)から得た話もわかる部分だけ抜き取って和訳して(紹介して)いましたが、真剣に英語をやりだしたら「メリルがボブにありがとうと言った」と聞き取った部分でさえ、「ありがとう(感謝)」の意味で言ったか自信がなくなってきたのです。そうなると前後の話も必要になり、結局自分でできる範囲だけでも英文を書き起こさないと、私では言っている内容(意味)がわからないのです。英語を聞き取る際にあるのは知りたいという執念だけです。



わたしの「和訳」と「解釈の説明」について


できあがった私の和訳から、私の解釈は見えないと思います。意訳しながら、なるべく見えるようにしていますが、意訳は英語(英文)から直接読み取れない部分です。自分の解釈の忘備録として和訳や解釈の説明を書いていますが、「なんでこんな和訳に??」と自分が後で困らないようにするために書いています。もちろんブログなので、偶然読んでくれた方にもわかるようにということも考えてのことですが。

前回のゴールデングローブ賞2017(一部和訳)で書いた1行↓
ラストまできっちり話がつながっていることを押さえます
この書き方(表現)は、「和訳のコツ」を英語が得意な方が教えるかのような、そんな風に思われるかも?と気になっている部分です。他でも似た表現で書いているかもしれません。

苦戦している箇所とその前後を書き出し、単語の意味をしらべ、直訳を眺め、具体例を自分で考えみて――ブログで書いた順番のまんま、実際に私の思考は動き、そうやってブログを書きながら考えている中で「気づき」があって、わたしの脳みそが和訳を書く私に「ここ押さえておけよ」「和訳に意識して出せよ」と出す指令を、忘備録として「解釈の説明」「英語素人のひとりごと」に書いています。そしてそれを見ながら和訳を組み立てています。ブログなので他人が見る前提で「ですます」調に変えている程度です。

「ラストまできっちり話がつながっていることを押さえる(ます)」とは、
・「もう1つ」 ~「 トミーが言った言葉」までの和訳を削除して、「 we have to remind each other」からの和訳でも話がわかる(通じる)ような和訳はダメ
・トミーが大切なことを思い出させてくれた、その感謝を和訳に出す(=引用した意図)


さらにキャリー・フィッシャーの名前を出さず、何故レイア姫にしたか?にも「話がつながって」います。日本なら役名の方がわかりやすいので敢えて役名で和訳をすることはあっても、大親友なのに何故??これも疑問だったので。
・天国から俳優(メリル)へ、、、レイア姫が宇宙から人類に言っているイメージで、スピーチ全体に、会場全体に、この言葉を響かせたかったのでは?というような解釈を私はしているので、和訳でも、キャリー・フィッシャーの言葉で締めくくる。
・命令文なので主語がない、「(わたしはそうやって)芸術を成すのよ」と役者として言ったのではなく、親友として(泣き言を言っている)メリルに言ったことば


これが私の解釈で私が和訳するときの注意点です。上手く和訳には出せていませんが、この注意事項が「ラストまできっちり話がつながっていることを押さえる(ます)」という表現です(笑)わたしにはこの1行でわかるのです。
※どう訳せばいいか迷っていることも含め疑問に思っているところ全てが、「つながっている」を軸に、解消されるように和訳を組み立てています。ブログの別の場所でこの1行が出てくることはないと思いますが、あったとしたら、また違った疑問などがあって、自分で思っている注意事項は変わってきます。

英語素人だからこそ可能な限り日本語で思考し、苦戦する箇所は過去の発言や過去の撮影裏話なども参考に和訳の流れや方向性を探して、その中で見つけた自分なりの「気づき」は嬉しいのです。それが正解かどうかはわかりません。ただ、苦戦した部分を忘備録として書き残しているからこそ、また気になって考え直したりして後からわかることもあります。

なので、このブログで書いている和訳や解釈の説明は「このスピーチの解釈はこうだ」「メリルが言いたいことはこれだ」と胸を張って誰かに「解釈の説明」を言っているのではなく、英語素人の私がうにゃうにゃ考えて(書きながら考えていて)自分なりに「これだ!」と見つけたことを、気づく前の過去の自分に言っているようなものです(笑)

ただ1つだけ例外があります。
バーナード・カレッジの卒業スピーチです。素人のわたしがプロの方の訳(翻訳本)が誤訳だと言い切っています(すみません)。引用している1行を読んだ瞬間、女性に失礼、男性にも失礼なことを、メリルがこんなことを言うわけない!と直感で思いました。そして腹が立ったことが和訳へのエネルギー源でした(笑)英語素人の私がブログで誤訳と言い切るために、解釈だけではなく英文法や単語の意味など誤訳であると判断できるものはすべて示す必要があったのです。なので他人に対する説明調です。でもその説明も間違っている可能性があり、本当に誤訳と言っていいのかもわかりません。そもそも「誤訳」の定義を知らないです(笑)

逆に言えば、誤訳だと思った素人の自分の考えの正当性を(自分に納得できるよう)示すために、30分の長いスピーチなんですが、メリルが言わんとすることを何が何でもきっちり捕えるという怨念のような執念で(笑)一言一句すべてを考え、英語に挑む必要がありました。そして「自分なりに」解釈を掴んだと思っています。

この和訳を頑張ったことで(あれこれ考えたことで)、GG賞のスピーチでメリルが言わんとする共感や演技とは何か?をすぐ拾えたのでよかったです。なので1行のプロの方の和訳から得たものは書ききれないほどたくさんありました(^^)ひとつ言えるのは、締切がないのでずっと考えていられるのが(仕事ではない)素人のメリットです。私の場合、和訳をUPしたあとでも考えつづけ、考える時間があるのです。

読んでもらえるかわからない、同じ記事をもう一度読んでもらえるかもわからないので、明記すべきと自分で判断したときは赤で訂正していますが、こそっと訂正してるときもあります(笑)このあたりは気分次第でやっています。

そんなわけで、このブログで書いているのは、あくまでも私の思考で作られた「メリル・ストリープ像」だと思ってください。
英語の壁がありますので間違いはたくさんあります m(_ _)m どうぞご了承ください。



By ゆるり



関連記事:

ゴールデングローブ2017 受賞スピーチ(一部和訳)
 (別窓)
セシル・B・デミル 受賞スピーチ(GG2017)  (別窓)


関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ゆるりさん、こんにちは♪

ゆるりさんのブログにかける思い、じっくりと読ませていただきました(#^^#)
メリルさんへの愛がなければ、こんな難しいこと(和訳)なんてできません。

日本でメリルさん個人のファンサイトは、私は見たことがなく貴重です。
うちも結構珍しいので( ̄∇ ̄*)ゞ貴重なもの同士頑張りましょう(*´▽`*)

Re: No title


Eveさんこんばんは

>メリルさんへの愛がなければ、
元は「何おもしろいこと言ってるのー?」が始まりで(^^)
英語(解読)に熱中しているのか、メリル愛なのかわかりませんが(笑)
ありがとうございます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして

はじめまして。
おちゃめと申します。メリルストリープの女優、妻 そして母として挑み続ける凜とした生き方に惹かれ三年あまり。どうしても彼女の言葉を知りたいと思って探していたら…やっと巡り会いました。まるで『宝物』のようなゆるりサマのblog。嬉しかったです。またゆっくり拝見させて頂きます。またひとつ楽しみが増えました。ありがとうございます(*^^*)

Re: はじめまして

おちゃめさま はじめまして
コメントありがとうございます(^^)

わたしも同じ女性として、生き方や挑む姿に憧れているんですが
それだけでなく、おもしろい方で(笑)抜けられなくなりました
女性ファンも多い方ですよね

見るだけでも楽しい動画や
同業の方からの賞賛の声☆も紹介していますので、
楽しんでいただけたら幸いです

お声かけていただいてとっても嬉しいです(^^)
どうもありがとうございました
非公開コメント

プロフィール

Author:ゆるり
見る映画は映画全般ではなく、ほとんどメリル・ストリープ映画だけ。未見作品もまだまだありますが、映画の制作裏話やメリルのスピーチやトーク番組を紹介しています。

(注)最新情報をお届けすることはなく、ひたすら過去のことを書いています。英文や和訳は間違いだらけですので参考程度にお願いします。
(2015.9.14 ~)

最新記事

DVDラベル(心みだれて) 2019/04/11
DVDラベル(愛と精霊の家) 2019/03/13
トーク番組(オリヴィア・コールマン)祝!アカデミー主演女優賞 2019/02/28
ジェーン・フォンダのAFI受賞スピーチ 2019/01/26
続けることの大変さと着地点の難しさ 2018/12/18

カテゴリ (五十音)

*印は未見作品