もっと見る see more 閉じる close all

【2018/6月~】お知らせ

ここ最近は更新が月1~2回になっていますが、
マイペースでやっていきます~



『恋におちて』②

2016/11/29 comment: 2

恋におちて


※紹介動画なし
色んな解釈ができるラストシーンに関して思うことを書いています。セリフにはないメリルの「I Love You」。



この映画はあちらではあまりヒットしなかったとはいえ根強いファンも多いのですが(アメリカよりヨーロッパの方の支持が多いようですね)、普通の人を描いている作品で、洒落たセリフもありません。お互い見えない(わからない)ところで努力している場面も多く、出会うまでにも時間が割かれていることもあり、直接2人が会うシーンは少なめです。にも関わらずメリル・ストリープロバート・デ・ニーロの超人的表現力で(笑)ゆっくりと2人の心が通じ合っていく様を見せてくれます。

色んな解釈ができるラストシーンに関して思うことを――脈絡なく(笑)



フランクがモリーを追いかけ電車にのるラストシーン

映画終盤、フランク(デニーロ)は別居か離婚かハッキリしませんが、家族と一緒に住んでいないようです。モリー(メリル)もまた、友人との会話から別居か離婚してひとりのようです。思い出の本屋さんで再会した2人ですが、相手の家族を思って何も言わず静かに別れの道を選びます。そして本屋さんを出たフランクが振り返り、モリーを追って電車に乗るのがラストシーンです。
ラストシーンYouTube動画(別窓)

モリー(メリル)は初めて会ったときのカバンを持ちながら、会える期待はさほど持っていないと思いますが、それなりに意図して本屋さんを訪れています。対してフランクは、たまたま仕事の関係でNYに戻ってきていて、タクシーの中からふと本屋を見つけて立ち寄るので、彼が本屋さんへ行ったことは偶然に近いのです。

1年前と違うのは、お互い家族へのクリスマスプレゼントは持っていないということ。


言葉にはないモリーの「I love you」

話が前後しますが。

駅で待っていて欲しいとフランク(デニーロ)に言われモリーが待つのですが、フランクが約束の時間に遅れてしまいます。急いで駆け付けたものの「間に合わなかった…」と肩を落とすフランクに、モリーが声をかけます。ここでフランクは気持ちが一気に溢れだし「I love you」とキスします。対して劇中モリー(メリル)が彼に直接「I love you」と言う場面はありません。

フランクはデートに誘ったり会いたいと電話するなど行動でも示していますので、「I love you」と言わなくても、モリーに彼の気持ちが伝わっていることはわかりやすいのですが。

モリー(メリル)の場合、建設中のビルの屋上の場面や一線を越えられなかった場面で、モリーの感情が彼に直接ぶつけられるのですが、言葉(セリフ)としては別れを示唆するものです。

――夫の方が大切だから「I can't」ではなく、道徳上正しくないことだから「I can't」。
その言葉の奥にある「I love you」。それを静かに受けとめるフランクもまた彼女への想いを見せています。そしてあるのは「不倫」という壁。

ラストに話を戻すと、再会したときでさえ「不倫」という壁は意識していましたので、2人が離婚し、そのことにお互い気づかなければラストの抱擁はないと思うのです。

さらに言えば、離婚であれ別居であれモリーの不倫が引き金である以上、モリーが以前の家にそのまま住んでいる可能性は低いのです。つまりモリーは(以前の)家に帰るためにあの電車に乗ったのではないと思うのです。”あの電車に乗ったこと”で(観客ではなく)彼に対して愛を示唆し、フランクはモリーが”電車に乗っていた”ことでモリーの(以前と変わらない)愛を確信できたのではないでしょうか。デートを重ねた電車は2人にとって一番の思い出の場所ですしね(^^)

映画冒頭、まだ出会う前の2人が公衆電話で隣り合わせになるシーンがあります。デ・ニーロは電話で奥さんと何の話をしているか具体的に脚本に書くよう頼んだそうですし、ラストシーンでモリーがどこに住んでいるかなど、セリフのないシーンだからこそ詳細な設定は話し合われている思うのです(^^)そして本屋さんを出てからセリフはありませんが、2人ともお見事!


Meryl Streep


余談ですが、モリーと全くキャラの違うフランチェスカ様について(笑)

『マディソン郡の橋』での「I love you」

『マディソン郡~』では、写真と一緒に届いた手紙の中で「I love you」と出てきますが、2人の会話の中では相手に「I love you」と直接言うセリフはありません。キンケイド(クリント)は「生涯で一度きりのたしかな愛だ」と言っていますので、「I love you」と言っているのも同然かもしれませんが。

フランチェスカ(メリル)のセリフには「I love you」はないのですが、これまた(笑)何の違和感もなく観客にもキンケイドにも痛いくらい十分伝わっています。
言葉ではないところで伝えるメリルの巧さですよね(^^)
「彼のことを本気で愛しているの!」「お前を愛している」←ドラマでよくありますが
ホントかよ (´・_・`)と思うことがよくあります(笑)

そして病床の夫がフランチェスカに「I love you so much」と言う場面があります。

普通なら、気持ちはキンケイドにあったとしても、「I love you, too」くらい返しそうなものですが、フランチェスカは言わないのです。夫が不器用ながらずっと妻を愛していたことが見てとれる場面で、長年生活をともにした病床の夫が言うのです。女性なら本心を隠して言うこともできますので(笑)言ってあげたらいいのに、言わない。言わずにそっと夫に寄り添い涙を流します。

夫に好意はあったけれど愛してはいなかったのでは?と私が思った場面です。




関連記事

コメント

No title

ゆるりさん、こんばんは♪

この作品、大好きです!i-237
初めて観たのはレンタルDVDでしたが、即買いましたi-234

いいですよね~i-233
何度観てもいいですよね~ テーマはアレなのにi-278ちっとも嫌じゃない。
最初観た時はあまりにも切なくて涙出ましたわ~i-241

音楽も良いですよね~♪ 最初観た時、あれ?どこかで聴いたことがある・・と思いました。BGMでよく使われてる?

ロバちゃんもこの頃は美しいi-189
メリルさんも可愛いi-237 特に何を着ていこうか迷うところなんか。

もうすぐクリスマスシーズンi-103
また観たくなりますi-176

Re: No title

Eveさんおはようございます

>>テーマはアレなのにちっとも嫌じゃない
そうなんですよ
私、不倫願望もないし(笑)夫が浮気したら般若か大魔神になると思うけど
なぜか2人を応援してしまうんですよね
音楽もいいですよね

>>ロバちゃんもこの頃は美しい
ロバちゃんのコート姿♡じゃないですか?
わたしは初見が10代の頃で、The大人の男性!て感じで(笑)やられました
劇中やってることは中高生みたいなのにね(笑)

また美しいロバちゃんと浮気してくださいね(//▽//)
(トミー様には告げ口しませんからw)

非公開コメント

プロフィール

Author:ゆるり
見る映画は映画全般ではなく、ほとんどメリル・ストリープ映画だけ。未見作品もまだまだありますが、映画の制作裏話やメリルのスピーチやトーク番組を紹介しています。

(注)最新情報をお届けすることはなく、ひたすら過去のことを書いています。英文や和訳は間違いだらけですので参考程度にお願いします。
(2015.9.14 ~)

最新記事

続けることの大変さと着地点の難しさ 2018/12/18
トーク番組でのメリル紹介 2018/11/05
(トーク番組)ノミネート作品20を言えるか 2018/10/10
『フランス軍中尉の女』原作のラスト 2018/09/28
ブログ3周年/サッチャー(メリル)の表情 2018/09/14

カテゴリ (五十音)

*印は未見作品